これからの自分のこと&心理学 【本】

 

こんにちは。もっちんです。

本日もお付き合いくださいね。

 

 

GoToキャンペーンはじまりましたね・・

個人的には、大反対ですよ。

 

まったくもう!!この件を考えると怒りしかない。

絶対 裏で儲けている人がいます(けっこうバラされているけど)

 

みんなの税金を何だと思っているのか・・・

言い出すとキリがないので。

 

 

 

日読んだ本の紹介です。

 

 

あなたを変える52の心理ルール

 

著者はメンタリストのDaiGo さんです。

 

 

心理学 の分野も少し興味がありその方面の本も好きです。

 

 

中身は52の ルールがあります。

著者は言っています。

 

本を読んでも、読んだだけで実践しない人が多い。

この本は、ただ知りたいだけの人のためではなく、実践して成果を手に入れたい人のための本です。

 

少し52の中から紹介します。

 

複数の仕事を持てば、将来の仕事がなくなる


 

・将来の不安がある人は自分の命綱となるものが一つしかないことを、無意識に恐れているのではないか

 

・一つの『強み』を生かせる場所を 色々持っておくと 一つが調子が悪い時でも 他でカバーできる

 

今の時代、一生同じ会社で働くことのほうが少ないと思います。

一つ軸となる仕事を持っておいて、副業などをしていくのがこれからの時代に合った働き方なのかなと最近つくづく感じます。

 

私も副業というか これからの100年時代を生き抜くための武器を持ちたいと最近真剣に考えます。

 

 

 

 

場所を変えれば誰でも一番になれる


 

・『強み』とは他者との比較で生まれるもの

 

文章を書くのが得意な人がいたとします。

 

出版関係にいたら、ほぼ文章が上手な人ばかりで競争相手も多く埋もれてしまう。(文章を書くのが得意な人ばかり)

 

その人が、他の業界。

例えば、食品業界に行けば、競争相手が少なくなる。

(文章を書くことが得意な人が減る)

 

そして、食品を美味しくアピールすることが出来ると必要な人材になる。

豆腐が、どのくらい美味しいか、他の豆腐と比べてどんなところが優れているかを書くことが出来ると、その業界での強みになる。

 

 

出典を覚えると、説得力が増す


 

〇〇省の調査によると 〇〇大学の△△博士も言っていますがと説明の時にその情報の元になった場所を伝える。

 

・『権威効果』をうまく使うと説得力が増す。

権威効果・・・人間は一般的に特定の分野や対象においての第一人者や専門家、権威者の言う事を信じやすい という理論

 

その話が権威に裏付けされたものになり、信用力が増す。

そして、説明者もついでに 信用力が増します。

 

 

このような、短い説明が52個のっています。

この中全部 実行するのは少しハードルが高いですが、少しでも実行してみて自分で試してみようと思います。

 

最初に紹介した、複数の職をもつこと。

 

このコロナ禍の時に強く思いました。

主力の仕事が上手くいかなくても、違う方向の仕事があれば 助けになります。

 

私自身40歳のはじめ。

今の仕事はちょっと特殊なので60歳までは難しい。(体力的に)

50歳から何か違うことをできるように、今挑戦する時期かなと思い模索中です。

 

定年といわれる年齢以降も自分のペースで出来る仕事を と考えています。

方向が決まったらまた、こちらでもお伝えします★★

 

 

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA