たし算 ひっ算まとめ【無料プリント】【問題】

 

たし算 ひっ算の まとめページ

 

画像をクリックすると、各ページにとびます。

簡単な問題から並べてますので、順番に学習するのも良いと思います。

 

普通のたし算のページはこちらです★

『たしざん』のページはこちら


 

2+1ケタ 繰り上がりなし

2+1ケタ 繰り上がり有り

2+2ケタ 繰り上がりなし

2+2ケタ 繰り上がりあり

 


 

★★★今後プリントを利用される皆様の為にプリントの感想にご協力お願いします★★★

コメントから随時受け付けています

辛口コメントも要望も何でもかんでもOKです。

頂いたご意見を参考にプリント改善させて頂きます。

 

 

もっちんからひと言


 

ひっ算・・・ルールさえわかれば、たし算さえ出来れば難しくないと思いますよね。

そう親はそう思います。

 

が!!

ひっ算は、位を揃えて書かなければいけません。

そして、きれいな横線をひきます。

長女の学校では、定規が必須でした。

定規で書いてないと、答えがあっていても〇をもらえないという厳しさ。

 

小学校でひっ算を始める頃は、2年生。

字を書くのがようやく慣れたころ。

 

位を揃えて書いてその上綺麗な横線を引くのは、大人が思うよりも大変な作業のようです。

しかも、正確がものをいう。

 

スピード重視の子どもは、字も殴り書きが多いようです。そしてひっ算も殴り書き。

そのため位を揃えなくて違った答えになることもあります。

 

反面、几帳面な子は定規を丁寧にまっすぐにひきます。

これが、まぁ時間がかかります。

 

どっちもどっちのひっ算です。

 

大人は、たし算すればいいんだから。と簡単に思いがちですが、子どもは意外とつまづくことも。

わが子の個性を見極めながら指導してみてください。

 

ほったらかして、後で変なクセができたら治すのに倍時間がかかるので要注意です。

 

わが子はけっこう最初は慎重派。

定規を丁寧に引くもんだから、宿題が終わらないこと!

 

イライラしならがら見守ることに。

問題をこなす度に、少しづついい加減がみについたようです。

 

試行錯誤しながらも、家庭学習頑張ってみましょう。

 

外注を頼むのは、いつでもできます。

出来る限り子どもに寄り添いながら、手を抜きながら進んでいきましょう!

 

 

★★★我が家の家庭学習のことです★★★

家庭学習もやり方がさまざま

 

★★★こちらの使い方です★★★

こちらの使い方

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA