ヤマハ音楽教室 幼児科の入会【回顧録】

 

こんにちは。もっちんです。

 

本日もお付き合いくださいね。

 

長女の回顧録です。

 

年長よりヤマハ音楽教室幼児科に入会しました。

その頃のことを忘れないよーに。

 

 

入会時のこと


 

家から通える教室は2か所。

先生との相性も大事なので、体験教室へ。

 

2か所の同時に体験することはあまりないそうです。

強い気持ちで(先生は大事)体験することに。

 

内容はほぼ一緒。体験用のカリキュラムがあるのでしょうね。

 

ただ先生で全く違う印象の授業になります。

 

もう一度いいます。 『先生は大事!』

 

カリキュラムはだいたい一緒なので、検討されてる方は子どもさんに合う先生を選んであげてください。

 

そして、2択で先生の相性で選択。

 

あと、グループレッスンなので受講する人数も大事ですね。

どんな人がいるのかはわからないけど、人数だけは聞き出せます。

 

大人数だと、1人ずつ弾きましょうとかがけっこうあるので、時間がとられてしまいます。

 

受講者が6人でも3人でも月の会費は同じです。

 

あまり少なくてもモチベーションが保てないし、多くてもレッスン内容が薄くなります。

 

長女の時は 3人でスタート。(多分最小人数だと思います)

 

ピアノの有無は最初は問われませんが、入会後は勧誘にあるかもしれません

 

 

レッスン内容


 

レッスン内容は、歌・エレクトーンで弾く・リズム など1時間内で色々とやり忙しいです。

しかも親も横で一緒にサポートしないといけないから、ちょっと大変です。

 

親も覚悟が必要だと思います。

歌とか、リズムうちなどは、一緒にしないといけなく、テンションアップでしないと先生から『聞こえませんよー』と言われます。

 

次に宿題が必ずでます。

宿題メモも親が必須です。

 

この宿題(弾いてくる・歌ってくる)をしておかないと、グループレッスンなので遅れをとってしまいます。

 

これもプレッシャーです。

年中や年長の子どもの機嫌をとり、頑張ってピアノに向かわせる労力。

親もガッツリサポートが必要です。

 

個人だと、宿題をしない=自分だけの責任なので、いいんですが(よくはない)

 

グループだと他の子どもさんのモチベーションが下がってしまいます。

 

グループの良し悪しがあります。

 

 

みんなで音楽を楽しもうという良いモチベーションアップに繋がると思いますが、このグループという点でのマイナス面も次回にお伝えします。

 

 

 

 

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA