老後の働き方~働くことは生きること

 

こんにちは。もっちんです。

本日もお付き合いくださいね。

 

昨日こんなニュースがありました。

 

【ノジマ、80歳まで働ける制度導入…定年後も1年契約の臨時従業員に】

 

 

はっハチジュウ・・・なんとも遠い未来。

生きているかどーかわかりませんが、その歳になっても働いている社会が訪れようとしています。

 

 

実際 周りには高齢の波


 

一緒に職場を共にしている1/4くらいが高齢者です。

 

いや、高齢者と言っていいのだろうか・・・60歳オーバーを。

みんな元気にバリバリ頭の回転も良く仕事をしています。

 

色々助けてもらうことも多々あり・・・

私が働いている職場は、60歳定年 60~65歳再雇用(契約社員的な)65~70歳パート として雇用をしています。

 

ここの職場一筋の方と一緒に働いているんですが、来年で70歳。

そうです。来年終了になってしまいます。

 

まだまだ働けそうだし、本人も気力満々。

もったいない。 の一言です。

 

本人が働くことが好きなので、年齢で区切りをせずに働きたい人が働ける制度にしてほしいものです。

 

 

 

自分の老後?を考える


 

身近に老後?の人がまぁまぁいるので老後の話をよく聞きます。

年金・介護・病気モロモロ・・・

 

私の老後(60歳)まで20年を切りました。

 

はて、自分の老後全然イメージできていません。

 

果たして『老後』という言葉があるのか、人生ずっと現役じゃないのか とも

 

このまま この職場で働くのか。

もっと違うことをしたいのか。

 

今から準備しないと ダメなんじゃね??

 

とうっすらと思ってきました。

 

希望としては・・自宅で悠々自適に仕事をしたい というところです。

バリバリ稼がなくてもよいのですが、子育て後、社会と繋がり 収入を得て 時には休暇を満喫したい

好きな本も読んでいたい 友達と旅行もしたい 親の介護もあるよねぇー

(全て健康が前提)

 

そんな漠然とした思いだけはあります。ほんとーにあいまい

 

 

自宅で仕事って・・・


 

簡単に言いますが、何なのよ

 

特技・・・ピアノを少々(しかし教えるまでにはいかない)

今から20年特訓して、教えるレベルまでいったとして、音大を出ていない老婦に果たして生徒がつくのか疑問

私なら音大出身の人から習いたいし。

 

 

自宅で仕事をしている人の本や記事を読んでいますが、何か特技を生かしている人ばかり。

 

そりゃそうだ。

 

何かして収入を得ているんだから。

 

と暇になるとグルグル考えをよぎります。

何か資格(難関じゃないと開業ムリ)とろうかな。

この考えも甘いのは重々承知です。

 

 

数年かかって、取得して40代のうちに仕事をシフトしていくのも手だよなー。と

 

しかし難関資格に足を踏み入れる勇気がまだできずにこのブログを書いてグズグズしています。

だって、ちょっと調べただけなのに、無理そうな記事がドッサリ。

 

 

やってみるだけ、やって、ダメなら退けば良いと。

フリマアプリで、その資格本 1冊購入してみることにしました。

 

また、今後の動向は追って報告しますね。

 

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA