自宅学習と子どもの甘え

 

こんにちは。もっちんです。

 

本日もお付き合いくださいね。

 

今回は自宅学習についてです。

 

 

我が家は自宅学習派 です


 

現在 長女(小3) 長男(年長) の二人の母やってます。

 

なるべくなら、勉強を外注せずにいけるとこまで自宅でさせたい というのが我が家の基本方針です。

 

詳しく言いますと、自宅でローコストで 学力をつけさせたい ということです。

 

えぇ ケチなんです!

というか、親にでも教えられるものはお金を掛けずに教えたい と気持ちです。

 

子どもを持つまでは、小学校や中学校の勉強なんか教えられるでしょうー。

なんで、塾なんか行くのよー。

 

受験の塾なんて中3になってからで十分!

 

と思っていました。

 

学生の頃の私は、小学校高学年で塾に行き、中学校2年生からも塾へ。

 

塾はけっこう楽しい時間でした。

 

しかし成人すると、塾代って 高いのねー としみじみ。

親に感謝です。

 

そして、親になると、なるべくお金をかけたくないよー。と思うように。

 

 

 

理想と現実は違う


 

まだまだ、反抗期ではない子ども。

 

しかし理想と現実は全く違います。

 

親には、甘えてくる

 

これに尽きます。

 

甘えるから、勉強をしようとしない、親のアドバイスも聞かない、反抗する、泣く。

 

という外注ではないマイナス要因が出てきます。

 

この、甘えるという行為が 大変やっかいです。

 

親も子どもに甘え、他人の子どもなら 怒らないポイントで怒ってしまいます。

 

保育士さんが自分の子どもと仕事では、違う ということを聞きます。

 

そう、これですよね。

 

親も甘え、子どもも甘え、もーぐだぐだ。。。

本当にカオス状態になることが多々あります。

 

 

なので、学習塾というものが盛んになる。

 

親もお金を代償に精神的ストレスを外注することができる。

子どもも家庭内のいざこざが軽減され、ストレスが減ります。

 

この構図がやっとわかってきました。

 

想像だけじゃわからない、その立場にならないと見えないことってありますよね。

 

 

勉強させるって大変だよねー

そもそも、させるって言葉イヤよねぇー

 

 

でも何とか自宅で頑張りたい


 

この多々あるカオス状態を なくすには 無 の境地です。

 

最近は 無になります。

 

なんなのよ。って思いますよね。

 

子どもが ギャーギャー やりたくなーい!!

 

と騒ぎ出すと。

 

無 になり その場から離れます。

 

子どもと少し距離をおきます。

 

子どもも私と距離をとることで、お互いの気持ちを冷却。

 

子どもは、やらなければ ゲームができないということは染みついているので、あとは自分との葛藤。

 

 

やりたくない の気持ちに整理をつける時間をとります。

 

そして、お互い冷静になったら、再開。

 

冷却時間は、それぞれ 5分など。

 

 

こう書いてますが、こんなに毎回うまくはいきません。

 

ギャーギャーバトルになることのほうが多いです。

 

特にこの休校中はしんどかったです。

 

世の親御さん よく頑張ったと自分で自分をほめましょう!

 

この、私の勉強させるストレスがお金を払うを上回れば、塾に通わせる時期なのかな、とふと思います。

 

その時期が早くならないように、(お金を散財しないように)頑張ります!

 

 

 

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA