長男 怖がりすぎる話

こんにちは。 もっちんです。

本日もお付き合いくださいね。

 

長男(年長)の話です。

 

姉弟で比べるのは、基本していないんですが、今回比べてみました。

 

結果

 

極度の怖がりです


 

本当に怖がっているのか、どーなんだかわかりませんが、見た目には怖がっています。

 

人がいない部屋に行けません。

昼夜問わず。

 

夜なら、暗いので気持ちはわかる。

 

しかし明るい昼間でもダメ。

 

我が家はリビングと和室が繋がっています。

そこには行ける。

 

しかし、リビングと繋がっている洗面所には行けない。

 

お風呂は、家族が順番にといいますかほぼ重なって入ります。

 

 

風呂上り、最初に長男が着替え終わっても洗面所から離れない。

戸を開けててもリビングに行こうとしません。

 

誰かが着替えを終了し、リビングに行くとついていく。の状態です。

 

夏場は洗面所も暑いので早くリビングに行ってほしいのに。

 

トイレは、リビングの戸を開けてすぐなのに、そこも嫌がる。

 

リビングの戸は開けたまま。(夏や冬はエアコンが・・・)

 

2Fなんて、もってのほかです。

リビングの戸を開けたら見える玄関も無理。

 

なんなんでしょう。

 

怖がりすぎなのでは?と夫と呆れています。

 

ソファーが定位置の偉そうな長男

 

 

演技ではない様子


 

半分怖がっているふりをして、親の気を引こうと考えてるのかな、と思いますよね。

 

ずーっと観察していると、どうもそうではない感が。

 

演技だったら所詮6歳の子供です。

 

確実にボロが出ます。

 

しかし、全てにおいて怖がっています。

 

洗面所に子ども用のタオルがあるんですね。子どもの背丈に届くタオル掛けです。

 

そのタオル交換は、長男の仕事です。

よくその仕事忘れています。

 

長女より、仕事をしていないと指摘されます。

すると誰かについてきてもらうか、誰もついてきてもらえなかったら、速攻で洗面所にタオルを取りに行ってリビングに戻ります。

半分にリビングで畳んで(意外と丁寧にするから時間がかかる)そして速攻で洗面所に大声出しながら掛けにいきます。

 

大人だったらいちいちこんな面倒なことをしません。

長女だってしません。

 

本当に怖いんだろうな。と心の中で笑っています。

 

しかし態度はでかい


 

怖がりのくせに、態度がでかく、何度怒られてももろともせず、自己肯定感がすこぶる高い。

 

なぜでしょう。

 

怖がり=繊細 だと思っていたのですが、実は虚勢をはっている方が小心者なのかもしれません。

 

怖いおじさん達も、ギャーギャー言っている子分タイプより、親分は静かなイメージですもんね。

 

わが子も、成長と共に親分タイプでどっしり構えてほしいなーと。思います。

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA